探求・天知道


星よ さようならを云うのはよそう たとえ今夜が終りを告げても 明日の夜には又逢える

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人形使いな訳じゃない佐七

DMMにて借りてたが、なかなか観れずにいた
「人形佐七捕物帖 妖艶六死美人」

101014-1

やっと本日観ました。

というのも…
春先に横溝正史の原作「花嫁殺人魔」読んで
あまりの推理の難しさに何回読んだことか…
全集だったが他のは読まずに返却(岩手の種市図書館から借りてた)。

予想通りの展開…
新東宝なら早く六死美人の裸体見せろ~
チャンバラないのか~
純粋な推理モノは苦手です…じっとしてられません。

でも佐七親分が腰を上げなくても、ちゃんと見所満載です。
美女達はおっぱい半見せで次々殺害。
入浴シーン後の殺害は美女シリーズを彷彿とさせます。

橋の上から船遊びを見ているやたら目立つ浪人浅香(天知茂)
佐七が謎の忍者に襲われたところを助け船出すがまだ腰の高い殺陣の浅香。
六美人の中で唯一生き残る美女にぴったりくっついている浅香。

…怪しい顔して良い役だったじゃないか!

ということで
人形のように美しい、若山さんを拝みました。

…人形遣いじゃなかったのね。
    ↑
「江戸むらさき特急」の影響大

そういや、むっつりの旦那、「近藤右門」ってのがいたな、むっつり右門(笑)
神山左門にひっかけてたのかしらん…

男の怒りか~男の怒りか~江戸の黒ひょお~
スポンサーサイト

« 来月のCS契約に悩む|Top|新東宝時代の仕返し?「氷柱の美女」 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://amachiamor.blog16.fc2.com/tb.php/62-e863e053

Top

HOME

うつほ

Author:うつほ
北海道★ド田舎極小PCスタジオチーフ。
スタジオうつほHP
パソコンが仕事なのに視神経脆弱…よって近況は→ うつ咆吼

日本の誇れる名優・天知茂さまの
大ファンです♪


詳しくは↓クリック
 うつほプロフ
http://pr.fc2.com/utsuho/#wrap

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。