探求・天知道


星よ さようならを云うのはよそう たとえ今夜が終りを告げても 明日の夜には又逢える

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「黒線地帯」@蠍座昨日観て、今札幌から帰ってきたところです。
で、偶然にも今朝受け取ったメールで知った情報。


ゴールデン☆ベスト
ゴールデン☆ベスト
(2011/05/18)
天知茂

商品詳細を見る

この時期に新版ですかっ! もちろん画像なし~
版元情報にも詳細ない…
2000円というお得価格でどんな曲が何曲入っているのかも不明…

「予約しろメール」が殺到してます(^^ゞ
そういうの、焦りますよね…
つか…売り切れたりするのだろうか?

石破効果があったのか??

先日のテレビ放映での天知しか歌わない男情報は、
石破議員の事だったと…同じ番組でした…(´・ェ・`)  そういやシゲル、だしなぁ…

新東宝の大戦物、全部揃えてたりするのでしょうか?議員…

ウイキとぶろぐを一通りみてみましたが…
ぶろぐは怖いです (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル 
(つかコーカイしていいのか?てなコメ大杉)

ニホンジン、そんなに戦争したいのか…

戦争する位ならタバコ値下げしろよ…君も喫煙者だろうシゲル…頑張れシゲル?

「憲兵と幽霊」

「憲兵と幽霊」(1958新東宝) 2/23 札幌蠍座にて鑑賞。

レンタルDVDで観て、最も流れを如実に覚えていた作品だった。
どの辺から恐怖シーンが始まるかなど、始まったらキタキタ~の盛り上がりっぷり。
(中川作品は筋が冥界もとい明解なのでかもしれないが)

実はスクリーンだとかなり怖ろしく感じるかと期待?して行ったが…
追い詰められてからの天知茂の演技と美しさにすっかり魅了されて
却って感動してしまった。(もはや筋はどうでも良い、映像美だけである)

よってどの部分で突っ込んだらいいかが如実に判ってしまう作品でもある。
客の大半も、恐怖映画なのに笑ってた…
というか…こんなレア映画を平日の夜、
数十人観に来るってどういうこと?
何が目的なのかこの人達?と激しく疑問を抱いてしまった…
(自分の事はさておき、だ)

まずタイトル。天知茂はあくまで3番位置。
しかしどの紹介でも主役級にされている。
実際観ても…やはり天知が主役!
いくら中山昭二が二役やっててもねえ… 主役じゃないよね…
(二役やる俳優というのは断然その回の主役と思い込んでいる私…「水戸黄門」とかがそうだ)

まずは結婚式の会場で、葉子姐さん演ずる紅蘭が無意味に脱いで、天知演ずる波島憲兵中尉に助けられる。
何故脱ぐ必要があるんだ!(笑)
それは…新東宝だからだ!(苦笑)

次に、部隊内と田島家(中山さんのお宅)での、
断然お前悪いこと考えてるだろ!という
波島中尉の怪しい笑み。
天知茂新東宝時代の真骨頂だ…
どうしてこの悪そうなのを見抜けないんだ上官。
見抜いたら筋が進まないからか…

そして…幽霊のせい?とはいえ
部下を殺害してしまい…
なんと●●な○○に突っ込んでポイ●⌒ ヽ(´ー` )
(ネタバレなので伏せます)
冷静沈着な筈の波島さ~ん、幽霊のせいだとしても
あまりにも粗忽すぎます(爆笑)

そして舞台は大陸へ…
大陸でも江蘭の脱ぎっぷりは見事です。
波島中尉とのチューと抱擁は新東宝一濃厚ではないかと。(天知モノ限定)
だからあんなポスター描かれるんだよな…
劇場にも貼ってありました…観る方が恥ずかしい(ノ´∀`*)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Kenpei_to_yurei_poster_2.jpg

さらに…ユーチューブでも人気の
万里ちゃんのセクシーダンスまで満載。
http://www.youtube.com/watch?v=rvwgQ1mxe-4
年始めに宿泊先でネット見てたら発見して
即座に「憲兵と幽霊」と判別したウスくま…凄いかも。
しかしたまにその歌を口ずさんでるが…音程が判らず何だか不明である

さてそうこうしているうちに意外と旨いアクションしたりしても
やはり波島さんはお約束なので追い詰められます。
墓場のシーンは見事です。(筋がナンセンスと云いたければ云え!映像的に凄いんだ)
翌年の「東海道四谷怪談」のたたみかけるような恐怖シーンの演出が見え隠れしています。
(「人形佐七捕物帖 妖艶六死美人」はそんなに怖くなかったので←失礼)

高橋軍曹(二村俊夫)…君凄いよ…水の中で我慢してたのね…

天知ファンにとってラストシーンは要らないかも。
何故ほんわか終わってしまうんだ…結構長いし。
墓場のシーンで「糸冬」と出して欲しかったな…

というキワモノだが、予算なし、会社は斜陽、
しかし必死に作ってある秀逸な作品だと思います…
こういう作品が好きですね…(追い詰められてる作品がか?)

真面目なあらすじはgoo映画にてどうぞ
     ↓
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD18106/index.html

来週は同劇場にて「黒線地帯」を観に行く予定。
蠍座のニュースレター取るべきか?

記念日

☆お誕生日おめでとうございます☆

以上速報でした。
記念日なので何かしたいんですが…
バラでも買ってくるか…深紅の(笑)

天知ブーム到来か?

今週札幌蠍座に「憲兵と幽霊」観に行って参ります!
日帰りキツイので・・・・私だけ宿とりました。
スクリーンで観る波島さんは…いっそう怖いでしょうね~
楽しみです~~

で、先週末相次いで天知情報が!

私は普段地上波放送を全く観ないのですが
友人から「天知茂のような暗い歌しか歌わない男」
がテレビに出てたという情報が、立て続けに2件!

もしかしたら同じ番組なのか?

いや、俳優と国会議員という噂だが…

いずれ観てないので確定情報ではありませんが、
今年アマチ大ブレイクの予感がしまする!

嵐より天知だろ…(-。-) ボソッ

黄線地帯

ズンッチャチャズチャチャチャ ズンチャッチャー
タリラリラリララ ランランラーン
(先日弾けるようになりました)

スパニッシュギターのよく似合う衆木一広(天知茂)。

ああ、何回観ただろう、「黄線地帯・イエローライン」。
http://movie.goo.ne.jp/movies/p22997/ (あらすじはgoo映画でどぞ)

どうみても主役、天知茂だよね…
台詞の量が違う~
見せ場が多すぎる~~

ハジキ構えたり仮面被ったりアクションしたりって格好良すぎる~~


1003021a-1
(これは違う人の仮面です)

主役:指パッチン俊夫さん(名前はラスト近くにやっと思い出し、名字なんか絶対出てこない)じゃないよね…

といいつつ、衆木ってどこかで呼ばれたか?「殺し屋」って自分で呼んでる位か…

英語題が The Sinners to Hell も誰付けたか知らぬが、いかす~

……そんな私は、指パッチンの連続打ちが出来ましたが、
ラインシリーズ観てから封印してます。

キカイオターうつほ

トラックバックテーマがビンゴな話題だったのでTBしつつ…

最近「人造人間キカイダー」漬です…
アマチより観てます(^^ゞ
「イナズマンF」まで観る始末ww

ということで私は「キカイオターうつほ」に成りたい…
01の池田さんがチェンジする時のポーズを真似て
「チェンジキカイオター うつほ!」と叫んでます。
そのうちネット小説にでも書きたいかと…

「人造人間キカイダー」再放送が始まったので
また最初から観てどっぷり宙明サウンドに浸って居る次第ww

キカイダー第3回には、伊東温泉が出てきますが…
20110115


あれあれ…どこかで見た風景…
伊東だよね…伊東の名所。

これだっ!

20110115-1

うーん同じ場所。

20110115-2

明智センセがこんなことになるあの吊り橋ですよ!

シリーズ1の駄作と誉れ高い?『黄金仮面2』…
確かに伊東観光協会が協力してましたね~

キカイダー第3・4話に登場する伊東の大ホテル
「暖香園」http://www.dankoen.com/ 行ってみたい~
泊まってこの吊り橋を渡るのだ~

http://www.itospa.com/nature_park/zyogasaki/index.html
  ↑
現在の吊り橋の状況。完全ガードされてて
センセやキカイダーのようなアクションは出来ませんね

そしてシャボテン公園に行ったり
暖香園のボーリング場(ガーター無し子供レーン)で狙えハイスコア!

実は地図オタ、地形図だけでこの橋探しました( ´,_ゝ`)プッ
あとから映像観たり調べたりで裏付けしましたが
いずれにしても伊東周辺、見所沢山です~
カルデラもあるし彫刻美術館蝋人形の館、なんて妙な施設もあるし。
行きたいよう~

昨年末は「白樺湖行きたい」で盛り上がっていたスタジオうつほです。
目下の目標は、「美女シリーズ&キカイダーロケ現場名簿作成」です。

がんばろっと。
金貯めてどっかいこう…

( ゚д゚)ハッ! 結局「黄金仮面2」観ちゃったじゃないか…(´▽`*)アハハ
冒頭のセンセの語り「私もベールを脱いで」って…
<ベリベリをベール>、とのお言葉にいろんな意味で悶えました。


追記;最近私のPCでキャプチャ獲れなくなって
画面をデジカメで撮る、という情けない状況です。
デジタル録画だからか?
去年の「黄線地帯」はバリバリとれたのになあ…

初アマチは渦巻島でした

TBテーマに沿っての記事ですが…
1/4札幌宿泊時に観ようと思って持って行った『闇を斬れ』23~26話
新ノートPC(親父から強奪)では観られなかったです。・゚・(ノд`)・゚・。

観られるようにするには、6800円でアップグレードしろとな(#゚Д゚) プンスコ!
「牙」か「無頼剣」とか正規品とか抜け荷?しか観られないのか…

あー犬シリーズ持ってくればよかったねえ~
なんていいながらユーチューブで思わず
「女体渦巻島の踊り」を観てしまいました♪
http://www.youtube.com/watch?v=TzNcRpAvjAI
うーん陣雲竜~ステキ~~
宙明サウンド、やはりかっちょええ~~
(前の日なんぼ宮内さんで「V3」観てたら、どうにも時代劇で「暴れん坊将軍」だよな、とツッコミ入れまくってた我が家でした、キクチさんの曲が悪い、ってことじゃあありませんよ、でも宙明節はやはり都会的です)

だって…行き帰りの車内、
ずっと「人造人間キカイダー」の曲ばっかり聴いてまして…
もはや宙明節がないと寂しい体質になっております。イカす~~

ということで、今年の初アマチは陣雲竜でした!

まあ、本日昼食時、偶然付けたテレビに
『眠狂四郎無頼剣』の愛染さまがバッチリ登場、
それから結局ラストまで観ましたが(´∀`*)ウフフ

『闇を斬れ』は一昨日最終の26話、昨日25話を観ました~
最終話で「上様っ、なぜ犬飼じゃなくて鳥飼さんの顔にツッ込まない?」と騒いだり、
25話ではやはり甲斐犬がキャストでなくては絶対に田沼ジュニアを討てないというシナリオ、
堪能致しました~
途中観てないところがございます(。-_-。)
夫抜きで一人で全話観たいところでございます。

20110107
写真は我が家の陣雲竜と名付けたぬいぐるみが、寒さよけの穴蔵?に入っている状況。
夫曰く、「陣雲竜のおうち」だそうで…なぜそんなにメルヘンなネーミングなんだ夫?

謹賀新年

20110101.jpg

謹賀新年

今年もよろしくお願いします

北海道のアマチマニア夫婦

炎はリアルがイイ@「炎の中の美女」

禁煙パイポが発売された1984年11月放映、
資産家の妹役に久保菜穂子さんをお迎えしての「炎の中の美女」やっと観た。

明智センセが鳩野家に侵入(←違)して
すぐさま「危険な人が来たわ」との久保さんの表情が固定するのが面白い。
そりゃ新東宝時代に様々な手を使って追い回されてますから…(←コレも違)

80年代にもなるとフィルムの性能が高感度になり
セットや演技に荒さが出てきても不思議ではないのに
オイルショックの重さをすっぱり忘れた日本人が
やがて来るバブル崩壊など予想もしていなかった時代の
濃厚な化粧のケバケバしさだけが際だつ位。
まあそれも日本の歴史だったかと。

マジで焚かれてる炎の中を
兇悪な渋顔でヒロインをさくさくお姫様抱っこして
そこに「エロティックな窮鳥」を見いだしなでなでさすさす癒すセンセ。
(そりゃ鳩野だから鳥だわな)
冒頭から魅せすぎですっ!
(まあ今回はご体調を意識したのかアクション少なめなのでやらねばならなかったのか…)
浪越警部の鯛の目シーンも気合い入ってましたねー。

時代的にか江戸川乱歩らしい陰鬱な影は少し控えめで
キッチュな「地獄」的おどろおどろしさはあまり感じられませんでしたが
センセがラストでライトアップして仁王立ちして
犯人の仕業を暴くシーンは、舞台観てるようでご立派でした!

センセのご体調もあったのか
「節煙」度が増していて
絶滅危惧種のスモーカー視聴者には、
文代さんの睨みがキツイのですが
エンドシーンで吸えた1本はさぞかしセンセも美味しかったことでしょう。
お父さんの体を心配してはいるけど
美味しそうな顔を見たら1本くらいは…娘心はそう思いますし
娘を思う父親は、「今日は少し控えようかな」
なんて思うなあ…という父性愛に満ちた作品でございます。

半年後のセンセの急逝を知っていると
今思えばカウントダウンのようなシーンが多く、
天知ファンとしては違う意味で泣けます…

非ライさんに煙草禁じられた

昨日のイベントにて。
禁煙に成功した非ライもといヒライさんに
「煙草は絶対にいかん、趣味を持て」
と窘められました。

趣味ならてんこ盛りなんですけど…
出来ない苛立ちから吸ってるんですが…

なんて云っても通じませんでした。

(天知茂が趣味なんですけど…趣味で全細胞が形成されてますが…などはさすがに云いませんでした、多分「非ライ」通じないようなお堅い方です…でもお会いするとつい思わず薄ら笑いを浮かべてしまう)

スタッフ撤収風景見ながら
最後に残った3人のオヤジ?(喫煙席を作るのに苦労してる同志)
立ち飲みしながら肩身の狭さを語り合いました。

えと、イベントは追悼忌なんですが
嬉しそうに煙草吸ってる木田金次郎さんの遺影見ると
「随分とせまっくるしい世の中になったもんだね」
という浜言葉の木田さんの声が聞こえてくるようです。

追悼の最後、喫煙同志(←コラ)の一人でもあるご子息が
木田さんの生前の肉声テープ(実際はCDに移し済み)を公開され
こんなに地元の浜言葉だったのか!とビックリした次第です。
地元から参列された殆どの方が聞き取れなかったようですが
私は…魚の相場の事云ってるな、と判ってしまい
漁師の子でよかったかも、とちょっと照れくさかったかも。でした。

« Prev|Top|Next »

HOME

うつほ

Author:うつほ
北海道★ド田舎極小PCスタジオチーフ。
スタジオうつほHP
パソコンが仕事なのに視神経脆弱…よって近況は→ うつ咆吼

日本の誇れる名優・天知茂さまの
大ファンです♪


詳しくは↓クリック
 うつほプロフ
http://pr.fc2.com/utsuho/#wrap

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。